北見神社のご祭神

人生儀礼

神前結婚式

神前結婚式結婚は、数ある人生儀礼の中でも最も晴れやかな人生の節目といえるでしょう。
神さまのおはからい(御神縁)によって結ばれた二人が、神様の前で、人生の苦楽を共にして明るく楽しい家庭を築き、子孫の繁栄をはかることを誓い合います。
日本人らしい和の雰囲気で、二人の門出を祝います。

式次第

神前結婚式 神前結婚式 神前結婚式 神前結婚式

●参列:時間になりましたら社務所前に整列します

●参進:そろって進み、社殿に入ります

●着座:所定の場所に座ります

●号鼓:始まりの太鼓がなります

●修祓:新郎新婦、参列者をお祓いします

●斎主一拝:はじめに神さまに一礼をします

●献饌:斎主が神さまにお供え物を供えます

●祝詞奏上:新郎・新婦の幸せを祈り、斎主が祝詞を奏上します

●豊栄舞奉納:新郎・新婦の繁栄を祈り、豊栄舞を奉納します

●三盃の儀(三々九度):新郎新婦が互いにお神酒を飲み交わし、夫婦の契りを固めます

●誓詞奏上:新郎が神さまに誓いの言葉を奏上します

●玉串奉奠:新郎新婦が玉串に願いをこめて奉り、2礼2拍手1礼の拝礼をします

●指輪交換:誓いをこめて指輪を交換します

●撤饌:お供え物を撤します

●斎主一拝:神さまに一礼します

●親族盃の儀:ご家族ご親戚一同、お神酒を飲み、新たに親戚となったことを祝います

●親族紹介の儀:両家ご親族を紹介します

●記念撮影