北見神社のご祭神

人生儀礼

七五三参り

三歳の男女児、五歳の男児、七歳の女児は晴れ着を着て、家族そろって神社にお参りし、これまでの子どもの成長を神さまに感謝し、これからのさらなる成長をお祈りします。
七五三はこの年頃の子どもの年祝いをする古くからの風習に由来するもので、三歳の「髪置」、五歳の「袴着」、七歳の「帯解」の祝いがありました。
「髪置」は、男女児ともに行われた儀式で、それまで剃っていた髪を、この日を境に伸ばし整え始めたとされます。
男児の五歳は「袴着」といい、袴を着け始めたことに由来します。
七歳の女児は「帯解」といい、それまで付け紐で着ていた着物から帯でしめる着物にかえました。
七五三を終えると、地域社会の一員として扱われるようになったのです。

北見神社では毎年10月15日とその前の土・日曜日に七五三のおまつりをしています。 この時期に来られないお子さんも、連絡をいただければ年中いつでも行っています。 健やかな成長を祈願した後は、千歳飴・お守り・はま也、パズルセット、風船、などを記念品としてお渡しいたします。

千歳飴

七五三には欠かせない千歳飴には、鶴・亀・松竹梅などめでたいものが描かれています。
子どもの幾久しい健やかな成長を願って、千歳飴と名づけられています。