北見神社のご祭神

その他

境内の散策

伊勢神宮少宮司 秋岡保司 様 揮毫

明浄正直の碑

+クリックで拡大+

「明浄正直」石碑

昭和25年、伊勢神宮少宮司秋岡保司様御来社の折、御揮毫賜りました 平成12年、豊受毘売神合祀50年祭の記念事業として建立

伊勢神宮祭主 北白川房子 様 歌碑

北白川房子様歌碑

+クリックで拡大+

「諸人のこころひとつに
 新しき大宮つくり
 栄え行ふ」

昭和27年、伊勢神宮祭主北白川房子様御来社の折、御歌の色紙を賜りました
平成18年、御創祀110年祭の記念事業として、歌碑を建立

伊勢神宮大宮司 徳川宗敬 様 揮毫による社号標

社号標

+クリックで拡大+

昭和42年、伊勢神宮大宮司徳川宗敬様正式参拝の折、御揮毫賜りました   
昭和55年、社殿御造営の記念として、社号標を建立

御造営記念碑

御造営記念碑

+クリックで拡大+

昭和55年、現在の総桧・銅板葺き神明造り御社殿が御造営され、記念碑として建立

伊勢神宮少宮司 藤岡重孝 様 揮毫「敬神」

敬神の碑

+クリックで拡大+

平成11年、北見市にて第40回北海道神社関係者大会が開催の折、伊勢神宮より少宮司藤岡重孝様が御来社されました。

その際、五十年前に父君藤岡好孝様のご来社につづき父子二代における深き御神縁により、「敬神」の揮毫を賜りました。
平成12年、豊受毘売神合祀50年祭の記念事業として建立

古谷金祐 神社本庁長老 揮毫

古谷金祐神社本庁長老揮毫

+クリックで拡大+

「北見のみやしろに詣りて
 北見のや大みそら清明(さや)に
 千木(ちぎ)仰ぐ
 尊きかなや神苑(みその)黄葉(もみ)ずる」

平成11年、北見市にて第40回北海道神社関係者大会が開催され、神社本庁統理代理として御来社の折、御揮毫賜りました。
平成12年、豊受毘売神合祀50年祭の記念事業として建立

小野田寛郎 様 揮毫

不撓不屈の碑

+クリックで拡大+

「不撓不屈」

平成11年、北見市にて第40回北海道神社関係者大会が開催され、講師として御来社の折、御揮毫賜りました
平成12年、豊受毘売神合祀50年祭の記念事業として建立

昭憲皇太后 生誕百五十周年記念

金剛石

+クリックで拡大+

御昌歌「金剛石」
金剛石も   みがかずば
珠のひかりは そはざらむ
人もまなびて のちにこそ
まことの徳は あらはるれ
時計のはりの たえまなく
めぐるがごとく 時のまの
日かげをしみて はげみなば
いかなるわざか ならざらむ

平成13年、昭憲皇太后生誕150周年を記念して建立。

神社本庁長老 駒木諏訪神社 宮司古谷金祐様揮毫

敬神

+クリックで拡大+

「敬神」

平成13年、御揮毫賜りました。現在拝殿にて掲示させていただいております

百度石

百度石

+クリックで拡大+

神社本庁長老 駒木諏訪神社宮司 古谷金祐様筆
20個の勾玉によって、参拝の数を数える事ができます
平成14年御揮毫賜り、平成15年建立

御創祀百年記念碑

御創祀百年記念碑

+クリックで拡大+

平成8年、明治30年の創祀から数えて記念すべき100年を迎え、御創祀百年記念式年祭が斎行され、その記念碑として建立。

さざれ石と君が代の歌碑

さざれ石と君が代の歌碑

+クリックで拡大+

平成11年、国旗国家法が制定されました。
平成12年、豊受毘売神合祀50年祭の折、国家「君が代」法制化記念として建立

食前感謝の歌

食前感謝の歌食後感謝の歌

+クリックで拡大+

たなつもの 百の木草も あまてらす
日の大神の めぐみえてこそ

食後感謝の歌

朝夕に もの食うごとに とようけの
神の恵みを 思え世の人

食前・食後に天照大御神と豊受毘売神に感謝する、江戸時代の国学者本居宣長の和歌です。
手水舎にて掲示中