北見神社のご祭神

その他

神棚の祀り方

神棚の設け方

神棚をおまつりするには、どんな場所を選べばいいのでしょう。

神棚●家の中心で、明るく清らかな所
●南向きまたは東向きで、高い位置
●家族みんなが毎日拝みやすい所

このようなことが満たされている所が最も良い場所といえますが、 そうした場所におまつりできない場合には、 最良と思われる場所におまつりしましょう。
また、新たに神棚を設ける場合には先ず棚を取り付け、宮形を据え、御札を納めて、 神職にお祓いをしていただきましょう。

お神札のまつり方

神棚の種類はさまざまですが、お神札を三体並べておさめることができる宮形 (三社造り)を設置する場合は、次のようにおまつりします。
神棚 ●中心に、神宮大麻(天照皇大神宮のお神札)
●向かって右に、氏神さまのお神札
●向かって左に、そのほか特に崇敬する神社のお神札

お神札を重ねておまつりする宮形(一社造り)の場合は、手前から次のようにお神札を重ねておまつりします。
●一番手前に、神宮大麻(天照皇大神宮のお神札)
●その後ろに、氏神さまのお神札
●さらにその後ろに、そのほか特に崇敬する神社のお神札

注連縄

宮形を据えたら、次に注連縄(しめなわ)を張ります。
注連縄は、そこが神聖な場所であることを示すものです。

大根のようにだんだんと細くなっていく大根注連(だいこんじめ)の場合は、神棚に向かって右に太いほうが来るように、神棚の上部に飾るのが一般的です。

また、牛蒡(ごぼう)のように細いものを牛蒡注連(ごぼうじめ)といいます。
注連縄には紙(し)垂(で)を挟み込みます。

注連縄は年末に、神棚のすす払いを行い、お神札を神社に納めるときに一緒に納め、新しい注連縄と交換するのが良いでしょう。

お供え物

神さまにお供えする食べ物などを神饌(しんせん)といいます。

神饌は毎朝お供えするのが望ましく、日常の神饌は、お米、お酒、お塩、お水です。
お正月、毎月1日や15日など家族にとって大切な日には、 野菜、果物などもお供えすると良いでしょう。

神さまにお供えしたものは「お下がり」として家族でいただきます。 神前の水差しにはみずみずしい榊(さかき)を立てます。

忌中の神棚

家庭に不幸があった場合には、喪に服し故人のまつり(忌)に専念するために、神棚に半紙を貼り毎日のおまつりは控えます。
50日たったら忌明けとして、普段通りのおまつりを再開します。

御神札は喪中であっても50日の忌中が明ければ受けて頂いて構いません。
まだ忌中の場合でも御神札を受けて半紙などに包んで大切に保管し、忌み明け後に取り替えるようにします。