北見神社の由緒

北見神社の由緒

北見神社由緒書

北見神社由緒書

境内に掲示されている由緒書

明治30年6月、屯田歩兵第四大隊が野付牛移駐にあたり、
大隊長小泉正保様が天照大神を奉載致し、同年8月、現・野付牛公園南端に神殿を設け、同月24日・25日の両日鎮座祭を斎行し、奉斎致したるをもって創始とする。当時はこれを護国神社と称した。
これと前後して開拓移民団が入植する。当時は海路にて来北する為に1ヶ月以上もの船旅中、海上守護神たる住吉大神を奉載して祈願を続け上陸後、開拓の祖神として合祀される。

明治38年4月、社殿を高台寺敷地の一角に移築する。
大正2年5月、野付牛の発展に伴い住民の合意により、現在地(北2条東6丁目)への遷社が決定、同年9月15日、遷座祭を斎行する。ここに北見神社例祭日の起源がある。

大正9年12月、内務省より無格社に列せられ、
社号を野付牛神社と定める。大正10年4月、内務省より村社に列せられる。

昭和17年2月、社務整備の結果、内務省より郷社に列せられる。
同年6月の市制執行に伴い、同年10月、社号を北見神社と改称する。
昭和18年、県社昇格申請を出すも、終戦により社格制度が消滅する。

昭和25年4月、伊勢神宮少宮司秋岡保司様来社の折、農業神たる豊受毘売神(とようけひめのかみ)の御分霊御下附申請をなしたところ、同年5月、特別御裁可と決定され、
同年6月24日、豊受毘売神が御奉遷され、翌25日、御奉遷大祭を斎行し奉斎される。

すなわち、北見神社は先人たる開拓者が一家挙げて命がけで来北し、
血のにじむような艱難辛苦の果てに、精一杯の思いを込めて建立したお宮であって、生きる為に、家族を守る為に、厳寒の大地に働き抜き、
苦しみと悲しみと疲労とが怒涛のごとく渦巻くその胸の内を拍手の音にこめてひたすら祈ったところの壮絶たるお宮であった。

かかる想像をも絶する開拓者、農民達の努力と労苦の結果、氷雪の大地にも米を根付かせるに至った事に対して、畏れ多くもこれに御報い下さらんとして、
我が国神祇の本宗たる伊勢神宮より農業神であらせられる豊受毘売神が御分霊あそばされたのである。

昭和27年8月、伊勢神宮御分霊社たる由緒をもって、伊勢神宮祭主北白川房子様が、伊勢神宮大宮司佐々木行忠様、参議院議長佐藤尚武様を随伴され、正式参拝の御儀がある。
昭和42年10月、同じく伊勢神宮大宮司徳川宗敬様の正式参拝の御義がある。

昭和52年12月、北見神社御造営奉賛会が組織され、
市民の御浄財により昭和55年7月、現在の総桧、銅板葺きの神明造り御社殿が竣工し、同年7月30日遷座祭が斎行される。
さらに社務所、神輿殿の竣工、玉垣新設庭園造成等の境内の整備事業がなされる。

平成8年、御創祀100年を迎え、表参道石段の改修及び境内改修等の記念事業がなされ、
同年6月25日、御創祀百年記念式年祭が斎行される。

平成12年6月25日、豊受姫大神合祀五十年式年祭が執行され、境内には50年前に来社の折、揮毫を賜った伊勢神宮秋岡少宮司様の「明浄正直」、前少宮司の藤岡重孝様揮毫の「敬神」、小野田寛郎様揮毫の「不撓不屈」の碑建立、またつつじ他300本の植樹により麗しく整備される。

明浄正直の碑

明浄正直の碑

明浄正直の碑

敬神の碑

不撓不屈の碑

不撓不屈の碑

平成13年、国旗・国歌法制化記念による「君が代」の碑、昭憲皇太后生誕150年の記念碑「金剛石」の御歌の建立。

平成16年駐車場を拡張整備し、平成18年には御創祀百十年祭を斎行した。
四季それぞれの赴きに歴史を偲びつつの散策は市民に大変親しまれている。
こうして北見神社は、氏子崇敬者の共有財産たる、北見の土地の鎮守の氏神神社として今日に至っている。